So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

へらぶな場替編 圏外ではなく県外へ [投稿記事]

前山の池(旧狭山へら鮒センター)
狭山市の公園内にある市営の市民釣り場。整然と手入れがされた樹木や季節の花、釣行時の6月中旬には紫陽花が美しく咲いていました。一人一人の単独固定スノコが充分な間隔で設置され快適な釣り環境となっています。
image1[1591].jpeg

image1[1579].jpeg

各市町村にこんな環境ができたら素晴らしい。政治が少子高齢化対策に苦慮するも高齢者は更に歳を重ねるしかない。高齢者が楽しく健全にお金を使う場を考える方がまだしもポジィティブ思考。

出でよ、志ある首長候補。
image1[1578].jpeg

入間基地が近いためかこんな飛行機が頻繁に行き交います。
image1[1580].jpeg

市の職員であるのかは分かりませんが、ここで応対してくれた従業員の方々の最高級のホスピタリティには感激です。
image1[1577].jpeg




所変わって車で一時間、寄居町の円良田湖は灌漑用ダム湖です。(つぶらだ、ではなく、つぶらた?)
人気の梨の木桟橋は微妙な間合いのため一歩下がって梅林桟橋へ5人で降下。
水深6メートルほどとの事で中尺竿で開始です。
image1[1582].jpeg

image1[1592].jpeg


釣れる魚はほとんど尺物、引き良し、型良し、環境良しです。長野県にもこんな釣り場が欲しいものです。
image1[1583].jpeg

image1[1581].jpeg

image1[1584].jpeg

開発と称したゴルフ場の倒産、閉鎖の跡が無機質なパネルで覆われた醜い山となるのを見るにつけ、釣り場は滅びても元の湖沼、河川に戻るだけでは?などと思うこの頃。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。