So-net無料ブログ作成

へらぶな番外編 桜の巻 その③ [投稿記事]

蓼科の高原の入口にはトヨタ自動車グループの発願で造られた聖光寺があり、交通安全、一路安穏を祈祷する道場として昭和45年に創建されたの説明があります。
この地方ではゴールデンウィークに桜が楽しめる場所としても人気が高いところです。

*整然とした参道。
image1[485].JPG

*ほぼ同じ大きさのうす桃色のソメイヨシノが林立して、桜の木の下でピクニックが楽しめます。
image2[486].JPG


釣行は早朝より運転して疲れて帰るケースが多いと思います。参拝は他力本願ということではなく安全運転の決意表明です。本日は甘茶が振舞われていました。


*庭園には仏教の守護神が安全を見守ります。
image1[487].JPG


そしてほぼ道向かいには蓼科湖があります。かつては湖の大会も例会も数多く行われていましたが、今では釣り桟橋もなくなり、足こぎボートや自転車ボートが浮かび、周囲を時間貸しのタンデム自転車が走り回る行楽地になっています。

*遊歩道を散策しつつ、隣接された芸術の森彫刻公園では北村西望氏をはじめとする70点もの彫刻が無料で鑑賞できます。
image1[488].JPG

*釣りは禁止というわけではありません。まだ大型のへらぶなが生息しています。一昨年には生井澤氏が取材に訪れていました。今年は家族サービスでしょうか。
image2[489].JPG


ここから車で5分ほど登るとプール平という地名の場所があります。小津安二郎ゆかりの地でもありますが無料駐車場に車を停めて道を下ると、別荘地の賑わいとは別世界の苔むした岩と根が地表にむき出しになった小径があり、散策すること約10分。大滝に出会います。

*地表に根が張っています。
image1[474].JPG

*穴の中には雪と氷がありました。
image2[475].JPG

*そして大滝が出現します。
image1[476].JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。