So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

へらぶな番外編 紅葉(こうよう)の巻 [投稿記事]

image1[923].jpeg

 狩りといっても紅葉狩りは、お持ち帰りのあるイチゴ狩り、りんご狩りとは一線を画す狩りです。蓼科もみじまつりは3日に終了しています。
image1[924].jpeg

 ダイワのフィッシング タックルズ カタログ2017のへら(紙版)には、黄色のダウンを着用して豪快なスプラッシュとともに青いロッドFをためる生井澤氏の後姿の写真が。気付く方はとても少ないと思いますが、これは茅野市の蓼科湖です。手前の水芭蕉と奥の山の冠雪からは4月頃かと推測されます。カタログ写真は禁転載のため断念。

 近年は釣り人の姿もあまり見受けない蓼科湖。遊園地の遊具は撤去され湖岸の整備が進みます。昔釣り台を構えた湖岸も遊歩道に囲まれて、整備が進みすぎるが故の人工的な整然さが、昔を知る身には少し違和感を覚えます。
image1[925].jpeg

image1[926].jpeg

 


 さて次の訪問地は諏訪市の唐沢山を背に建立された阿弥陀寺。慶長三年開山、開祖弾誓上人は全国十三寺を建立し、慶長十八年には最後に開山した京都の光明山法国院阿弥陀寺の石棺に自らこもり入寂しておられます。

 尼寺時代として昭和の初めの倫澄尼、次いで弟子の若い澄月尼、そして昭和四十年には30歳くらいの若く剃髪した美人尼の純心尼が後任したという彩りの逸話。

 その後、平成五年全焼失、平成八年本誓殿次いで庫裡の復興から、平成九年落慶式と数多の困難を経て現在に至るディープな歴史。
image1[936].jpeg

image1[927].jpeg

車一台やっとの民家の合間の道を登れば、樹齢の古い木々に囲まれた参道に突き当たります。10台とは停めることのできない駐車場を後に、光も部分的にしか届かない少し神秘的な匂いもする急な山道を歩くこと数分、本堂が見えて来ます。
image1[928].jpeg

プチ霊山探訪といった感じです。無論パワースポットとしての雰囲気は十分。御朱印もいただけます。

*開山上人弾誓が爪で南無阿弥陀佛と刻んだ名号碑。
image1[929].jpeg

*木漏れ日に輝く石仏。
image1[930].jpeg

*霊泉 御加持水
image1[931].jpeg

*鐘堂
image1[934].jpeg

*とにかく秋の空は青い。
image1[935].jpeg

image1[937].jpeg


庫裡から山間を縫って西方浄土方面に目をやれば、下に諏訪湖、奥には時に噴煙を上げる御嶽山も臨めます。願わくば平穏であらん事を。
image1[933].jpeg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年 鏡湖放流 11月3日 引き続き晴れ [投稿記事]

次はC行程の最終の鏡湖。白樺湖より車で約40分。

こじんまりとした静かで美しい湖です。
桟橋はリニューアルしたばかり。そしてお値段もリーズナブル。

image1[877].jpeg

image1[878].jpeg


*やはり山際、猿も蛇も蜂も共存。最近の看板にはこんな注意書きが。ぼたん鍋ならウエルカム。
image1[879].jpeg


お手伝いの諏訪丈五会の面々が集結。そして黄色のスタッフブルゾンは鏡湖の癒し系マドンナ、いつもニッコリ釣り人を迎えてくれます。

image1[880].jpeg


*妙に慎重にチェックします。
                   (・・・実は目盛りがよく見えていない)
image1[881].jpeg

*終了後は缶コーヒーで乾杯しながら悪だくみ。
image1[882].jpeg


*本日の魚屋さんは十和養魚場さんです。どうですこのガタイ、気は優しくて力持ちタイプです。
image1[885].jpeg
*遠路はるばる和泉ナンバーにて参上です。
image1[883].jpeg



そして釣り人の皆さん、茅野市近郊に釣行の際は、縄文のビーナス、仮面の女神とのご対面もお忘れなく。縄文文化の繁栄したこの地域の誇る国宝です。
キーワードはマドンナ、ビーナス、女神ですよー。
image1[891].jpeg








そして秋は静々と深まります。
image1[884].jpeg


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年 白樺湖放流 11月3日晴れ [投稿記事]

本日の放流も晴天に恵まれ空には一点の曇りもありません。ブルーの空と紅葉した山々、そして透明度抜群の湖。空気は凛としています。

image1[889].jpeg

*放流のお手伝いは諏訪へら鮒釣研究会の皆様、白樺湖フィッシングセンターに集結します。
image1[865].jpeg
*カラス貝がマイブームの僕ちゃんもお手伝い。
image11.jpeg
*来年のヘラブナ釣りシーズンには活躍してくれるヘラ鮒達がハーフパイプのシューターを滑って行きます。
image9.jpeg


この時期の白樺湖はヘラブナ釣りは終わりを告げバサーのみ、観光とワカサギ釣りの開幕です。
image1.jpeg


いらっしゃいませ、

image1[868].jpeg

image1[869].jpeg

*ドーム船も快適なワカサギ釣りに用意されています。
image1[870].jpeg
*ワカサギ釣り電動リールと仕掛けもバッチリ。
image1[871].jpeg
image1[872].jpeg
*ライフジャケットも完備されています。安全で楽しい釣りを。
image1[890].jpeg


珍しい黒鳥のボートが白鳥に被さります。あまり黒鳥が増えたら不気味な光景、隠し味程度なら。
image1[874].jpeg


これが白樺、そして紅葉(こうよう)の紅葉 (もみじ)、コントラストが美しい。
image1[875].jpeg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年度放流予定と、平成30年度放流協賛バッジ [イベント]

今年の長野県放流予定です。11月3日(文化の日)、それぞれの時間はおおよその目安となります。
関係者の皆さんご苦労様です。

A行程:安曇野インター 5:30

・柳久保  6:10
・飯綱湖  7:30
・浜津ヶ池 9:00
・針湖   10:00

B行程:塩尻インター  6:00

・田川浦湖 6:15
・美鈴湖  8:00
・中綱湖  11:00

C行程:松原湖駐車場  6:00

・松原湖  6:00
・吉巾池  9:00
・白樺湖  10:30
・鏡湖   12:00 


そしてへら師の勲章、帽子に輝くお馴染みの「放流協賛バッジ」です。
平成30年度は桜色、ピンク?

image1.jpeg

image1[863].jpeg




コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成30年度 行事計画及び大会 [行事計画と大会]

*印は県連行事です。

* 3月11日(日曜日) 総会(松本市勤労会館)

  4月15日(日曜日) 第22回美鈴湖大会

* 5月 3日(木曜日・祝日) 釣寿会 春例会(聖湖)

  5月20日(日曜日) 第29回聖湖大会

* 5月27日(日曜日) 第48回個人戦(聖湖 ・担当会:諏訪丈五会)

  6月17日(日曜日) 第18回中綱湖大会(予定)

  7月 1日(日曜日) 第41回みどり湖大会(於:田川浦湖)

* 8月26日(日曜日) 団体戦(松原湖)

* 9月16日(日曜日) ベストテン大会(美鈴湖)

* 9月24日(月曜日・振替休日) 釣寿会 総会・秋例会(美鈴湖)

*10月28日(日曜日) 理事会(美鈴湖)

 11月 3日(土曜日・祝日) へら鮒放流


*来年の団体戦は松原湖。写真は今年の10月8日、紅葉が美しいです。
image1.jpeg


image1[856].jpeg

image1[857].jpeg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年度 理事会 [イベント]

美鈴湖のウテナ荘にて理事会が行われました。

・次年度役員の件
・団体戦参加費、開催場所の件
・決算案
・平成29年度放流計画
・みどり湖の堰堤工事と釣り場のリニューアルの件

その他、来年の行事計画等について確認と承認が行われました。
そして恒例の懇親釣り会ですが、台風接近に伴う強雨の為、勇気ある中止となりました。


*迷惑なやつ
image1[858].jpeg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この池にも、魚はいない。 [投稿記事]

長野県の北に位置する小谷村は、そのほとんどが山と森林。そこに広がる栂池高原は冬はスキーで有名ですが、雪解けから秋まではお花畑と紅葉が美しいところです。
その中でも栂池高原自然園は人気のスポットで訪れる人を魅了します。
6人乗りゴンドラリフトと70人乗りのロープウェイを乗り継いで、その標高差はなんと900メートルを超えます。

image1[843].jpeg

image1.jpeg

ロープウェイの終点からは自然園の散策が始まります。湿原の上に作られた木製の遊歩道の周りには大小の池がいつも水をたたえています。山腹に見える滝からは豊富な水が落下するのが見え、それが豊かな湿原植物を守っているのでしょう。魚類は確認できません。
image1[844].jpeg

image1[845].jpeg

image1[854].jpeg

絵心のないことにがっかりする油絵のような光景。
image1[846].jpeg

image1[851].jpeg

夏のリビングの壁に設置したいエコエアコンです。お願いします、ドラえもん。
*風穴
image1[848].jpeg

山の水を沸かして飲む珈琲タイムは至福の時。
*銀命水
image1[847].jpeg

そして展望湿原からは白馬岳を背景に雪渓が見えます。夏でも残ると言う雪渓がこんなに間近で見ることができるのはある種の感動です。
image1[849].jpeg

しばらくの間眺めていても上から降りる雲海、横から流れる雲霧、下から立ち上る霧は色んな造形を作り出し雪渓の表情に飽きることはありません。
image1[850].jpeg


そしてもう少し寒くなれば大雪渓の熱燗や、雲海のお湯割りが飲兵衛を魅了します。
オッと山道では脇に逸れてはいけません。


コメント(0) 

釣寿会 秋例会と総会 [イベント]

美鈴湖は部分的に紅葉が始まりました。
image1[804].jpeg

秋のお彼岸、秋分の日は県連シニアツアー秋の部、つまり釣寿会の秋例会です。
小雨のうちに始まりましたが、なんとか天気は快方に向かい、ちょうど暖かくなった頃に終了の時間となりました。
釣りポイントは自然とレイク桟橋に集中、、させました。

image1[805].jpeg


開始早々竿を取られた方がいましたがなんとなく近くに戻ってきてラッキー回収。
そして中盤、またもや竿を取られた方がいました。
湖面に映える赤帽子に赤ジャンパーのレスキュー隊が桟橋からの応援を受けて救出に向かいます。

*往路
image1[806].jpeg
*復路
image1[807].jpeg


秋の釣りはバラエティに富みます。
10尺の浅棚アリアリ。
21尺のオモリ完全先付け、道糸一気通貫、ぶっ飛び、ハコテン、ドボン。
image1[808].jpeg

優勝は浅棚50センチ、両ダンゴ。
全体的に予想を下回る釣果だったかな、というところです。

優勝 岡谷へら研 M.S 12.8kg
準優勝 岡谷へら研 K.W 11.7kg
第3位 諏訪丈五会 H.Y 11.3kg

また来年の春例会に元気でお会いしましょう。



そして堰堤桟橋ではつるべ落としの秋の午後を惜しむ釣りが続きます。
image1[809].jpeg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年ベストテン大会 [イベント]

9月17日(日曜日)に聖湖においてベストテン大会がおこなわれました。
個人戦20位までの入賞者とチーム選抜の17名の合計37名限定の選手のなかからベストテンを決める、言わば強者大会です。
台風18号に先立つ気圧変化から強い雨風が懸念されましたが、思ったほどの雨量と強風にも見舞われず大会は終了しました。

*街道桟橋
image3[801].JPG


各桟橋はテント村の様相です。

*白樺桟橋
image5[803].JPG

この日は崖桟橋、公園下桟橋にアドバンテージがあった様です。

*公園下桟橋
image4[802].JPG


優 勝 信州マスターズ M.M 37.8kg
準優勝 諏訪丈五会 H.Y 28.6kg
第 3位 諏訪丈五会 Y.F 25.3kg
第 4位 松本葵 M.S 21.7kg
第 5位 長野中央 T.K 18.9kg
第 6位 長野中央 T.S 18.7kg
第 7位 松本拓水 T.T 18.5kg
第 8位 松本葵 M.F 16.5kg
第 9位 長野中央 T.O 15.5kg
第10位 信州マスターズ K.M 15.1kg

天気が良ければもっと楽しい1日であったかもしれませんが、ヘラブナ釣りはなにぶんにも自然を相手とするスポーツフィッシングです。天気とその時の魚の嗜好に対して自分の引出しの中にある技量をいかにアジャストするかが勝負です。
今年の県連の最終の大会も無事に終了しました。
余すところ9月23日の美鈴湖における釣寿会の秋例会と総会、10月22日の理事会です。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この池に魚はいない。 [投稿記事]

image1[797].JPG

日本の四季にはそれぞれ際立った表情があります。昔の暦と現実の四季のずれはあるのでしょうが、それでもやはり季節は訪れ、春は緑の芽吹きに始まり、夏は灼熱の太陽が輝き、秋ともなれば枯葉と侘しさを伴う夕暮れが迫り、そしてまた冬には寒さと雪が生活を悩ませます。
この四季に応じてヘラブナ釣りにも相応な釣法と準備が必要となり、それがヘラブナ釣りの持つ独特の面白さと趣にも通じるものかと思います。あまりに日本的と言えば日本的な釣りです。

*写真は茅野市にある御射鹿池。みしゃかいけと読みますが、東山魁夷画伯の「緑響く」のモデルとなった美しい池です。その漢字からも推測されるように、神にささげる鹿を射るという諏訪大社の神事の由来からのようです。

image3[799].JPG


P.S. この場所へ訪れるのに釣り道具、お金は無用です。魚類の生息に適しない酸性の水質、無料駐車場、そして道端の柵越えに愛でるのみ、水辺には近寄れません。
写真は13ヶ月前の光景。つまりあと1ヶ月も経てばこの様な美しい山並みを後ろに控えた透明な池が同じように迎えてくれるでしょう。
画伯の作品は新緑の季節のようですがその頃に訪問して比べてみるのも楽しいと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年 団体戦 [イベント]

秋の到来が目前の好天気に恵まれて、長野県連団体戦は8月27日に行われました。そして昨年よりゲストチームをお迎えしての企画は盛況のうちに終了しました。参加いただいたゲスト会の有志会、べら坊会の皆様有難うございます。
結果としましては季節の変わり目、水温の変化でしょうか、場所ムラも大きく釣果においては各チーム、各選手とも思惑通りとはならなかったようです。その中でも参加10チームの上位3チームにはゲスト会が2チーム入るという結果でした。
今後とも長野県連へら鮒釣団体連合会は門戸を広くして県連に所属していない長野県のヘラ会、チームのゲスト参加を求める心づもりです。よろしくお願い致します。

大会は1チーム5人の総重量で勝敗が決まります、その結果は、
・優勝  べら坊会 45.8キロ
・準優勝 長野中央へら鮒釣研究会 34.6キロ
・第3位 有志会 33.2キロ

なお団体別では10チーム平均が26.8キロ、第10位が19.4キロでした。
参考までに個人別ではひとり平均5.3キロ、最多重量17.8キロ、最小重量0.7キロでした。

また、日研の地区団体トーナメント予選会を兼ねたこの大会で、日研所属の1位チームである長野中央は決勝戦に臨みます。ご健闘をお祈りします。

*開会式での昨年度の優勝チーム主将の宣誓。
image1[757].JPG

*堰堤桟橋です。
image1[761].JPG

*同じく堰堤桟橋の入り口付近と右奥にウテナ荘下桟橋。
image1[759].JPG

*手前のウテナ荘下桟橋から見た、本日の一番人気のレイク桟橋。
image1[760].JPG

*ウテナ荘の対岸に位置する水道下桟橋。
image1[758].JPG

コメント(0) 

お舟祭りは、お舟ま 釣り? [投稿記事]

諏訪大社下社のお舟祭り。
神社の神事は日にちで決まっています。下社春宮から秋宮へ御霊代を移す遷座祭で柴舟を曳行するお舟祭りは毎年8月1日。
image1[616].JPG



このお祭りは御霊代の年二回の遷座のひとつですが、形而下では釣り支度の一組のペアが主役です。


それではスタート

*まずは遷座の行列。
image1[617].JPG
image2[628].JPG

*舞姫、稚児行列もあります。
image1[627].jpg
image1[618].JPG


*そして行列最後は柴舟の曳行ですが舟の上には翁(おきな)と嫗(おうな)の人形が向かい合って乗っています。
平たく言えばジジとババのペア人形で、共白髪の御夫婦と推測せざるを得ません。
image1[620].JPG

*ヤマブキ色のシャツは御頭郷として今年のご奉仕地区のイメージカラー。
image1[621].JPG

*曳行途上の坂道でお舟返しを一回、90度倒します。
image2[622].JPG



秋宮は下諏訪駅から歩いて10数分、賑やかです。

*境内に到着後は神楽殿を三周します。
image1[623].JPG

*ここでジジとババは下船します。最初の写真でお気づきかとは思いますが、ジジは笹竹の竿を担ぎ、ババは竹ひごの魚籠をぶら下げています。釣りに行くのか帰りなのか、夫唱婦随です。
image1[624].jpg

image2[625].jpg

そして再びお舟返し。

*締めの神事相撲三番勝負もジジとババに見守られ。
image1[626].JPG



そして最後は翁と嫗人形を焼却し、ご神域には人の姿を残しません。

おしまい

コメント(0) 

平成29年ベストテン大会要綱 [イベント]

IMG_1266[614].jpg

長野県へら鮒釣り団体連合会
平成29年度【個人選手権】(ベストテン大会)について

                 
【大会要綱】
・開催月日     9月17日(日曜日)  雨天決行
・開催場所      聖湖
・集合場所     聖レイクサイド館駐車場 
・受付時間     午前5時00分より午前5時30分まで

・参加資格    
① 1チームの長野県へら鮒釣り団体連合会への登録人数20名までを2選手の 選抜とし、21名以上30名までの人数で選手1名追加、以降同様に10名単位で1名追加する。
       
② 平成29年5月28日開催(於聖湖)の第47回個人戦の上位20名までの入賞者。

・入場方法     個人別の抽選をもって入場順位をきめ、役員の指示に従って入場する。
・競技開始     入場をもって開始とする。
・競技方法     桟橋釣り
・競技規定     長野県へら鮒釣団体連合会の競技規則による。(使用竿21尺まで)
・終了及び検量   納竿午後2時 
          巡回検量 (事前にフラシ重量を検量カードに記載)
  *各会の審判部副部長を主体に検量の手伝いを依頼します。

・閉会式      聖湖体育館
・参加費       1名2,500円(入漁料含む)

  *参加者名簿と参加費合計を受付時間内に提出のこと。
また①選抜選手の人数分の参加費は出欠にかかわらず徴収する。
   *役員は4時半までに集合のこと。
                                         
 
① 【選抜選手・・・・・・・17名】
② 【個人戦上位入賞者・・・20名】
     
以上 

IMG_1267[615].JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成29年団体戦要綱 [イベント]

長野県へら鮒釣団体連合会
平成29年度【団体戦】(兼日研トーナメント)について

【 大会要綱 】
・開催月日   8月27日(日曜日)  雨天決行
・場  所   美鈴湖
・集合場所   ウテナ莊前 (ウテナ荘横駐車場は開会式、閉会式時は駐車禁止)
・受付時間   午前4時30分より午前5時まで
・競技開始   入場をもって開始とする。
・競技方法   桟橋釣り
・競技規定   長野県へら鮒釣団体連合会の競技規則による。(使用竿21尺まで)
・競技終了   納竿 午後2時
・検量方法   巡回検量 (事前にフラシ重量を検量カードに記載のこと)
・入場方法   各会の決めた選手順番により、各会1名ずつ順番入場とする。
・参加資格   本年度長野県へら鮒団体連合会在籍会員及び本部招待によるゲスト団体。
・参加費    1チーム5名 5,000円を当日受付で支払うこと(入漁料含む)。

【連絡及び注意事項】

(企画部)
・参加選手は、競技中必ず規定の腕章をすること。
(無い選手については有料で本部より貸与します)
・前日までの試し釣りは認めます。
・競技当日、出場選手名簿に主将名を明記の上、参加費と共に提出してください。
・当日は選手以外の会員の釣り場への入場は禁止します。
・閉会式はウテナ荘横にて行うが閉会式の終了を持って団体戦の終了となるので、都合により帰宅する場合には必ず主将を通じて本部まで届出をしてください。

(総務部)
・平成28年度の優勝チームは優勝カップを持参してください。
・役員は午前4時までに現地集合してください。

(経理部)
・当日県連会費(後期分)及び慶弔費(会員数×200円)を徴収するので、別々に用意をして、
それぞれつり銭のないように納付してください。                       
(審判部)
・各会の審判部副部長を主体に検量の手伝いを依頼します。                                                        以上 

IMG_1014.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そして7月の白樺湖 [投稿記事]

天気が良ければ、ヘラ餌買って白樺湖フィッシングセンターへ行きましょう。
正面玄関前に車を停めます。ルンルン。
image1[603].JPG

そして右側の自販機で釣り入場券を買います。千円ポッキリ…
image1[604].JPG

直ぐ右に道とも言えない降り口があります。(普通に広い道からアクセスもできます)
image1[605].JPG

ヘラバックとロッドケースを肩に掛け、はやる心を押さえて気を付けて降りて行きます。

これが桟橋。
image1[606].JPG

横木もバッチリ、ヘラクッションがあれば胡座でオーケー。
ロケーションは抜群。
image1[610].JPG

そして餌を打つ。どんどん打ちます。「◯◯剤打たずに餌を打とう。」おっとこれはバッドジョークです。

釣れるも釣り、釣れないも釣り。
そうです、太公望が待つのは魚ではありません、世をしのぶ釣り人の姿で天下取りを狙っているのです。
餌を打ちます、ひたすら打ちます、、、そして何事も起こりません。むろん姫昌は来ません。

賢人本日撤収。
image1[611].JPG

フィッシングセンターの中の風景。湖が一望ですね。
image1[607].JPG

image1[608].JPG

水槽には1センチ位の稚魚が謎の頭蓋骨を縫って泳いでいます。浅場のビニール袋に付いていたタマゴから孵化したとのことです。多分ヘラです、ヘラっ子ですね。
image1[609].JPG





コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6月の白樺湖 [投稿記事]

白樺湖の美しい季節です。
周囲の山々の緑が湖面に映える最高の時期とも言えます。

ワカサギのシーズンには場所を変えてワカサギ釣り桟橋になる移動式の浮き桟橋が、古屋敷跡の石碑横とオーバーフロー横の崖に据えられています。むろんこの時期はへら師の為にあります。
その他にもボートハウス横の桟橋、フィッシングセンター前桟橋、亀屋ホテル下の桟橋と、釣り台不要なポイントもあります。

野釣りの雰囲気をじっくりと味わいながら、大助との出会いが期待できます。

*オーバーフロー横桟橋
image1[542].JPG

*古屋敷跡の石碑横桟橋
image1[544].JPG

*お馴染みの亀屋ホテル下桟橋
image1[543].JPG

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第47回個人戦 [イベント]

5月28日(日曜日)個人戦が行われました。
麻績村の天気予報の地点検索の気温は、全く聖湖の気温の参考にはならないようです。
この日も聖湖大会の日と同様に寒さをしのいで釣りをするような午前中の気温でした。
防寒着をわざわざ車から降ろして、日除けパラソルを積んできた方もこれについては大いに後悔しておりました。

*開会式
image1[530].JPG

*白樺桟橋方面
image1[541].JPG

*公園下桟橋方面
image1[531].JPG

*崖桟橋方面
image1[532].JPG


*第20位までが9月17日ベストテン大会への出場権を獲得されています。
優 勝 松本葵 HSさん  24.9kg
準優勝 長野中央 TSさん  20.6kg
第三位 信州マスターズMOさん 17.3kg



第20位    11.4kg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第28回聖湖へら鮒釣大会 [投稿記事]

5月21日(日曜日)聖湖大会、高原だけあって朝は寒いですが、日が昇るにつれパラソルの花があちこちで咲いていました。天候には恵まれましたがヘラの食い気はイマイチかな。

*夜明けの街道桟橋。
image1[497].JPG

*ただいま受付中。
image1[498].JPG



開始直後
・イヤー こんなに寒いとは、車に積んできたダウン取りに行ってこようかな、、、

昼近く
・暑い、釣れない、風がない、、、


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第46回鏡湖へら鮒釣り大会 [投稿記事]

5月20日(土曜日)鏡湖開きの行事のひとつとして、午後からの水神の碑の神事の前に行われるアットホームな釣り大会です。よって大会の納竿時刻も午前11時。体に優しい大会です。

*朝5時半
image1[495].JPG


この時の山梨からの参加者の話では先の千代田湖の水難事故は心筋梗塞による水中落下であったそうな。直接の起因は水死では無いもののライフジャケット着用は強化される由。


*ヤマツツジが美しい時期です。
image1[494].JPG

*午後の神事に備えて紅白の幕が張られ、八ヶ岳の雪も消えました。
image1[496].JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

< あらためて >

大型連休最終日に関東でも有名なヘラブナ釣り場であり、長野県のヘラ師にもお馴染みの山梨県千代田湖で残念な水難事故が発生しました。
穏やかな日和で風も少なかったようですがライフジャケットは着用していなかった様です。

山上湖の釣りにはボートがつきものですが釣り仲間の御冥福をお祈りするとともに、釣果以前の心構えをあらたにしたいものです。

そして、ヘラブナ釣り以外の釣りや水辺の行楽での事故も発生しています。海や山に、川に湖にと、あくまで自然と対峙したレジャーであることを再認識し、強風、強雨、雷雨などの悪天候時には勇気ある決断が望まれます。

これからの季節の釣行には水分補給もお忘れなく。





image1.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -